無料ブログはココログ

skillupブログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年7月

2018年7月 6日 (金)

聖地OOISO!でのセミナー!内容は話せないのでリゾート情報に

7月になって早々から

長期の連休すみません。
2日の朝に
のぞみとひかりと在来線を乗り継ぎ
大磯を目指す。
途中水野先生と会ったので
オススメのうどん屋さんに連れて行って
もらい、いざ
Img_8535
我々の聖地
大磯プリンスホテルへ
ここに来るのは2年ぶり!
その間にリニューアルされ
すごいリゾート間たっぷりの
ホテルに生まれ変わってました!
Img_8628
こりゃ凄い!
起死回生の…って感じですな!
早々にセミナー会場に向かい
しばらくしてセミナーが始まる。
内容はすんごく良かったんですが!
お伝えできません!
ですので
僕のパワーアップぶりで
判断いただくしか無い(笑)
早く皆様に還元したい!!
ですので今回のブログは
リゾート日記の様な内容です(笑)
1日目はあっという間に終わり
大人数で食事に近くの居酒屋が休みで
中華に行く
たらふく食べた後
待ち望んだスパに!
凄い!
3階は昔の数倍ゴージャスになった
大浴場!
お風呂の更衣室で海パンに着替え
上の階へ!
4階はサウナとジャグジーとプールと団欒の場!
Img_8620
プールは小さいが水平線と繋がって見える。
Img_8605
ジャグジーはカップルに取られて入れない。
長椅子がたくさん並んでいるが
全てカップルに抑えられている。
サウナは高温、外を見渡せる中温、
ミストサウナ、岩盤浴
多分売りの1つなのかな?アイスサウナ!
Img_8579_3
天井からかき氷?が降っている。
とにかく凄い!
勉強に来たのを忘れるくらいです。
その後大浴場に入り就寝!
2日目
Img_8620_2
今回は
いろんな意味で
考えちゃいけないんだけど
考えさせられる…良い意味で!
このフレーズが頭から離れない
Img_8591
凄い気だるさ!身体中が熱い
シンドイわけじゃ無いが
体の変化をすごく感じる。
お昼休みにスパ堪能
風がすごいが気持ちいい!
相変わらず主要なところは
カップルが抑えている!(笑)
Img_8572
今日もあっという間に終わった感じだった!
吉岡先生らに食事に連れて行ってもらった。
ありがたい。
Img_8577
その後部屋で横になってたら寝てしまってた。
起きて、お風呂に行き就寝!
3日目
今日もとても良かった(笑)
その後お風呂はいって就寝
4日目
今日は朝6時からスパへ
風がとても強い
でも早朝のプールは気持ちいい
Img_8614
その後サウナに入り体温めて
お風呂に入る
ガウンの似合う男!亀本先生!
Img_8625_2
今回はとっても大事なこと学びました。
帰ってしっかり実践します!
Img_8627
帰りは赤坂さんの優しさにつけ込んで送ってもらいました(笑)
Img_8632
おしまい!

2018年7月 3日 (火)

LIVE FREE OR DIE! バイオベーシック4日目

4日目いよいよ今日でこことはお別れ!

Img_8323

まずはQ&Aから

Q:上手く行かない日はどうする?

A:サイクルがある。患者に対して、優しさ!愛など!

タイドは知っている。いつ、貴方がスキルを持っていなくて邪魔しない様にタイドがブロックする。

治療は変化して行く36ヶ月

解ることが一生無いワークである。

もがくけど、成長発達

自分を信じてチェックする。ケアしているか?ニュートラルになっているか?

薬使うとレートは高く早い。

落ち着いてニュートラルになるとレートはゆっくりになる。

トーンがより落ち着くと健康になる。

森の中とか!「はぁ~~っ」とかため息が出て下がる。8→2.3→  レートが無くなって終わる。

レートだけでなく、バイタリティや質も大切

レートばかり判断もしない方が良い。

スティルポイントやポーズがおこり、より深いニュートラルになっている。

動と静

レートは代償作用で完全なる健全にはレートは無い!

だから赤ちゃんにはレートは無い。

患者の全体「フォーカスする。意図を消し自分のニュートラルにスティすること。

ニュートラルになるようホールにスティして

健全はリージョンになれない。

患者を良くするために、(責任感?感じてた。)

手を添える前に準備する事で健全だけが通り抜けているようにする。

その言葉の後ろにある意味は何だろう。

患者のリージョンに引っかかる事はあるか?

健全をみる。リージョンの中にも健全がある。

健全とシンクロナイズすると光が入ってくる。

リージョンとシンクロナイズすると緊張抵抗強くなる。

生きているメカニズムに正確にチューニングする。

オステオパシーはエネルギーだけでなく(聴いている存在。)

意識、呼吸、生命の力をリクエストするために学んで行く。

Img_8326_2

NEXT STEPバウンダリー(境界線)

古き良きものを大切にする。

牛と籠の話だった。(笑)

Img_8328

そして最後は

Roots to Branches-TheFull Expresion of Osteopathic Thought

根っこから枝へオステオパシー的考え

今日までの復習で総ざらいで、

LABも4日間の経験を全て使って行う。

Img_8298_2

セミナー終わって記念写真撮りまくったが

本人の許可を得てないのでここでは載せられない。残念!

Img_8303

おみやげ買ってニューハンプシャーを後にする。

Img_8352_2

ボストンに着き、最後の晩餐!

ボストンと言えばロブスター!!

ロブスターのサンドイッチ

最後の贅沢!

Img_8358

食べ終わって車を返しに行く。

電気も椅子もあるのでここで夜を明かす。

Img_8365_2

時間になったので空港に向かいボストンを後にする。

ミネアポリス空港でトランジットそして

羽田空港そしてやっと岡山空港に!

長い長い!この旅が終わった。

今回もとても良い学びとなりました。

2018年7月 1日 (日)

LIVE FREE OR DIE! バイオベーシック3日目その2

前回のブログは

ほぼ記憶のためのモノとなってしまってたので
今回はちょっと普通のブログに戻す。
アメリカのセミナーに来て
日本と違うなぁと思うところがいくつかある
その1つが受講者の姿勢だ。
日本ではじっと座って真面目を装う(笑)
ここでは僕らよりはるかに高学歴の人達なのだが
僕らから見たらお行儀悪そうに見える。
セミナー中に両サイドの食事コーナーから食べ物を取り
食べながらとか飲みながらとかは当たり前だ
最近の日本のセミナーなんかも軽くお菓子とか飲み物とかは当たり前になった。
僕らの学生の頃はそんなの許されなかったな(笑)
不真面目だと…
さらにベッドに横になって聞いてる人もいたり
机に足かけるなんてのもザラ
邪魔をしなければ自由!
その辺はとても素晴らしいと思う。
Img_8285
もう1つ気がついたのは
今回のセミナー家族で参加している人が多い
それでそう言う家族見てると
夫婦関係がこれまた日本と違う!って思った。
日本は言わば未だに男尊女卑!
旦那さんが主人と言われ、奥さんがそれに従う事が多い
だから奥さんの方が明らかに仕事が多い
子供の世話、家事全般、そして仕事している人はそれも抱える。
でもここはなんて言ったら良いのかな
まるで「男同士」の様な関係に見える。
お互いにお互いをリスペクトし
補い合いながら生活している様に見えた。
これはとても素晴らしい事だとおもった。
これが男女平等と言うものなんだろうな
まぁ、日本人にはなかなか煩わしいかもしれない
「なら男同士でも良いんじゃね?」
と言う人も出て来そうだが(笑)
本日の2つ目
「THE FLUID BODY]
フルイドボディは液体の様な原形質
metabolic fields  代謝のフィールド
異化と同化
ここからは代謝フィールドの動きを
ボイスパーカッションで表現すると言う
なんか僕個人的には解った様な解らない様な
内容だった。
原形質は知性を持っており、決断や学びをする。
LABはニュートラルを見つけ患者の中でスペースを感じる
zone-Aの中からzone-Bのフルイドまでを一貫して感じる。
と言う様なものだった。
時にドアが大きい時も小さな時もある
このケースではアテンションが奥に行けば行くほど小さくなっている様に感じる
小さな所に留まっていながら大きな比率であることがある。
小さなものなんだけどとても大きく感じる事がある。
Img_8293
私たちは純粋に観察していきます。
今はそれだけで手を離してください。
Img_8241
全体のスペースと外のつながりも感じれたか?
フルイドの現象の皮膚の中の感じはそれはフルイドボディの感覚とはちょっと違う
でもそれはヒントになっている。ヒントというのはそこには質がある。
フルイドの質があって組織の…
たとえば彼の骨のフルイドの質というのがありますよね。
筋肉の中にもフルイドの質があって動脈の中にもある。
そしてそれぞれ違ったフルイドの質がある。
Dr.サザーランドは
そう言った質の違いの組織もどの組織もイコールに通り抜けるという
フルイドの質もあるこれを
アンキャニン?(uncannyでは無いかと思う)と言っていた。
この言葉の意味はスコットランドから来ていて
「悟る事ができない!」という様な意味です。
この通り抜けて行く質というのがフルイドボディを感じる為のヒントになる。
Img_8305
zone-Aは固体的なイメージがあり
zone-Bはフルイド的なイメージがあったので
このLABの意図がよく理解できなかったが
zone-Bはzone-Aを浸しているので
それをzone-Aのところで感じるというワークでした。
これはとても良い経験ができた。
ここで昼休み。ランチを食べしばし休憩!
アメリカで飲むクラムチャウダーとチーズとリッツは美味い(笑)
Img_8294_2
食後の日向ぼっこは最高に気持ちいい。
本日の3つ目
「STILLNESS」
完全に明け渡す場所
意図を明け渡す事ができない
スティルネスがやって来て初めて意図を明け渡せる。
スティルネスとシンクロナイズする。
スティルネスに集められた状態で
アテンションをスティルネスに持って行く事ができる。
スティルネスでフォルクラムに近づくことができる。
胸郭呼吸はメカニカルな動きなだけでなく体を通り抜ける。
LAB:スティルネスを見つけて
スティルネスの中へ同期する
スティルネスがあなたを満たしてくれて行くことに恐れない様に
完璧な場所
本日のセミナー終了
ディナーまで1時間以上あったので
一旦宿泊先に帰り着替えて出て行く
こちらの人は普段はあまり化粧っ気がない。
Img_8306
彫りが深く顔が小さいためか?
化粧しなくても綺麗だからか?
Img_8307
でもパーティーとかになると
ちゃんとドレス着て化粧してさらに綺麗になっている現れる!
僕らも来年来るならばちゃんとシャツぐらいは着てきた方がいいなと思った。
Img_8308
調子に乗って食べ過ぎない様に気をつけよう!
Img_8304
いよいよ明日は最終日!
最後まで楽しむぞ!!

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31