無料ブログはココログ

skillupブログ

« 今夜もやっつけ仕事ですみません!! | トップページ | 熱くなる!? »

2016年11月25日 (金)

食品添加物はだれのためのモノ?

1年で5キロ!
って聞いて何を思います?
 
これは!
日本人の添加物の平均摂取量
なんです。
 
添加物とは厚生労働省によると
保存料、甘味料、着色料、香料など、
食品の製造過程
または食品の加工・保存の目的で
使用されるものです。
 
 厚生労働省は、
食品添加物の安全性について
食品安全委員会による評価を受け
人の健康を損なうおそれのない場合に限って
成分の規格や、使用の基準を定めたうえで
使用を認めています。
 
 また、使用が認められた食品添加物についても
国民一人当たりの摂取量を調査するなど
安全の確保に努めています。
 
ホントに安全の確保に努めているのだろうか??
 
添加物の種類
http://www.jafaa.or.jp/tenkabutsu01/tenkaichiran.html
 
日本の食品添加物は2015年で1500種類超えだそうで
なんと認可数世界一です。
 
石油合成の添加物は350種類で
アメリカは133種、ドイツは64種、フランス32種、
イギリス21種とこれも世界一位だとか
日本の食は安全!なんて疑わしいですね。
 
日本人の添加物の1日摂取量は80種類だそうです。
 
コンビニなどの添加物がよく取り出さされますが
ここでは保存に必要な添加物についてのお話ですが
 
 
昔、知り合いのステーキレストランで
夏の花火の時に食べるお弁当を頼まれたそうです。
 
100食ほどだったのですが大好評だったそうです。
次の年も同じ注文が来たため
 
 
少し早めに作ったそうです。
そしてそれを取りに来た方が
真夏なのに車の中に
 
 
夕方だから大丈夫かと3時間も放置したため
食中毒を起こしてしまいました。
新聞にも出て、営業停止にもなり
食された方にお詫びと
1人1万円包んだそうです。
 
すると、100食だったのに
家族で食べたとか、
分けて食べたとかで
どんどん人が増え
さらに放置した運転手まで
言って来て
なんと総額500万も支払ったそうです。
 
これが、
コンビニや通常のファーストフード店で起きたら…
総額どれくらい支払わされるか…
僕なら怖くてそんな店は出せませんね。
 
誰がどういうタイミングで食するかわかりませんから…
そう考えると、この添加物消費者のためではなく
製造者を守るためのモノなんですね。
僕はそう思います。
 
内海先生のソフトキリングって本には
 
「子どもに添加物をとらせると子どもが死ぬことはないでしょうが、大多数はアレルギーや膠原病が増え頭がとても悪くなり癌が増えます。」
 
そりゃ、体に悪かろうと
食べてもらうしかないと…
だって、なんかあったら大変だから…
そういうものなんだろう。

« 今夜もやっつけ仕事ですみません!! | トップページ | 熱くなる!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199930/68582510

この記事へのトラックバック一覧です: 食品添加物はだれのためのモノ?:

« 今夜もやっつけ仕事ですみません!! | トップページ | 熱くなる!? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31