無料ブログはココログ

skillupブログ

« 僕は「君の名は。」よりこっちの方が好き(笑) | トップページ | 気持ちいい~~!!!! »

2016年10月27日 (木)

カイロプラクティックの頸椎操作で椎骨動脈を損傷できるのか??

カイロプラクティックで死亡事故が
本場アメリカで起きたと
ニュース記事が出た。
http://spotlight-media.jp/article/338254138557386102
無くなった方にはご冥福を心からお祈りしたい。
でも無礼を承知で言わせてもらえば
1人で(1人でもホントはいけないのだが)
これだけ騒がれるというのは
それだけ逆に安全だという事なんだろう。
医療現場では手術ミス、投薬ミスなどで
こんな数ではないだろうから…
医師は医療ピラミッドの頂点で
診断する側であるから
治らなかったら病気のせい
治ったら自分らの成果と言える。
実際うちの患者さんの娘さんが
腰が痛いと病院に行き
検査入院中の1週間の間に
死亡した方が居たそうだ。
進行の早い癌だったらしく
治療の間もなく無くなったという。
でも、この方を僕が診てたら…
「医療ではないあんなところに行くから
発見が遅れて…」と言われたことだろう。
 
話を戻すが、カイロプラクティックの
頸椎操作で果たして椎骨動脈を
損傷させることが出来るのだろうか?
関節の可動域には
能動的運動の限界と
受動的運動の限界がある。
まず自分で動かせれる限界があって
生理的バリアに当たる。
その後、他人が動かして止まる
解剖学的バリアがある。
解剖学的な限界を超えると
関節が破壊される。
そこを超えて初めて
その他の組織が壊れるのではないかと思う。
血管などの柔軟性のある器官を
頸椎の捻転だけで損傷させるのは
椎骨動脈自体に何らかの
障害がない限り不可能でないのでは?
と思う。
 
よくテレビなんかで首を捻じって
相手を殺傷するシーンがあるが
ホントにあんなことできるのだろうか?
もし可能なら、関節も骨折しているはずである。
現に頸椎操作は危険だと
言われ実際にあったとされる
症例は軸椎骨折で脳幹損傷では
なかっただろうか?
今回のことで仲の良い
D.C.に問い合わせてみた。
WFCが頸椎のアジャストで
椎骨動脈を損傷することがないとの
証明を出していたよと聞いた。
頸椎操作で椎骨動脈を損傷させるには
動脈自体が損傷しているはずである。
そうでなかったら骨折している。
もしそうなら、患者さんの異変に
気づくはずだと思う。
首を動かしたり、頭を下げただけで
眩暈や吐き気等様々な症状を起こし
アジャストどころじゃないのでは??
このモデルさんの状態はどうだったんだろうか?
情報が詳しくないだけに
少し疑いたくなってしまいました。

« 僕は「君の名は。」よりこっちの方が好き(笑) | トップページ | 気持ちいい~~!!!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199930/68130498

この記事へのトラックバック一覧です: カイロプラクティックの頸椎操作で椎骨動脈を損傷できるのか??:

« 僕は「君の名は。」よりこっちの方が好き(笑) | トップページ | 気持ちいい~~!!!! »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31