無料ブログはココログ

skillupブログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

満員御礼!

一人ドタキャンになったけど、久々の満員御礼!

やっと昔並みになってきた。

みなさま今後もよろしくお願いします。

2010年7月29日 (木)

じみ~~に引っ越し始めてます。

多忙な合間をぬって、じみ~に引っ越しを始めました。

かなり狭い!僕の遊び場は受け付けの横になりそうだ。

まだ場所決め程度だけど~

で、ハイローベッドや受け付け台などを下に降ろさないといけないので引っ越し業者のサイトをクリック!!

すると、

何分かおきに、何社も電話してくる。見積もりさせてくれと…。

一度に見積もりするんじゃなくて個別にするのね!って解った時には4~5社は電話してきた。とりあえず安いところにしよう。

ベッド3台、受け付け台、カルテ入れ、本棚、パネル…とりあえず運ぶのこの程度だ。1時間はかからない作業だ。あとは、合間にじみ~~に運びます。

かなり捨てなきゃならないな。いろんなもの。

あ、明日には、NTTやケーブルテレビ(インターネット)も連絡しないといけないな。

2010年7月26日 (月)

BRM療法

前前回の内容を櫻井D.C.が細かく書いてます。興味がおありの方はどうぞ(笑)

http://www.chiro-journal.com/0721.html

話は変わって、今日は夜明けから調子が悪い。だるい、熱もある。どんな好きな仕事でもさすがにこの状態ではつらい。何人もお断りさせていただいた。すみません。

昨日はBRM療法のセミナーだった。大変好評のこのセミナー今回も大勢の方が受講してくれた。

なんといってもこの療法、簡単な手法なのに効果は絶大な事だ!

今日も受講された先生から、「昨日、膝を観てもらったら劇的に良くなり感動したと~」

今週末は塙式、そしてついに引っ越しだ!

スケジュールがあわただしい~

2010年7月21日 (水)

両国→月島→京都→南禅寺 

土曜日の夜に東京に着き、両国のサウナに連れて行ってもらう。

100717_231301 両国らしいムードの素晴らしいスーパー銭湯だった。なにより空いてて良い。

100718_004301 

そして次の日は月島でセミナー講師!あいにく本人不調!なんか伝えなきゃいけない事の1/10も伝えられなかった。すみません(反省)

そしてセミナー終わって気を取り直してもんじゃへ!本場はおいしかった!!

100718_200701 なんか有名な店らしい。

  100718_172902_2 100718_172901_2

みんなの協力を経て無理やりプリウスタクシーに乗り、東京駅から京都に向かう。

京都に着いた時はすでに12時近く、あわててタクシーでホテルに向かう。

なかなか素敵な(笑)ホテルだった。なんか修学旅行の懐かしさを感じる。大浴場を貸し切り状態で満喫し、早めに就寝した。

朝9:00頃会場に向かう。暑い!少し歩いただけで会場だった良かった。

9:30は過ぎているのに誰も来ない。まぁ待つか~と思っていたら知り合いの先生に会った。何故か、その先生と会場の準備をする。エレベーターに乗ろうとした頃やっと先生方御到着!昨日遅くまで飲んでいたようだ。

セミナーはとても良かった(僕のとは大違いだ)抑制系のテクニックとリンパポンプが勉強になった。昼休みに行った南禅寺も素晴らしかった。

また、このセミナーには参加したいな。

2010年7月20日 (火)

業界話!これからカイロプラクティックセミナーはどうなる?

科学新聞社が主催して行われていた、シュレットによるセミナーはJAC(日本カイロプラクターズ協会)の横やりで中止となった。JACとしてはWFC(WHO参加のカイロプラクティックの世界的団体)の意向を重視しているので、もっともと言えばもっともだ!

彼らの言い分は、カイロプラクティックの技術をカイロプラクター以外に教えてはならない~ってな感じ。

確かに言い分は正当性がある。しかし、ここにきて言っている事が怪しく聞こえてきた。

当初僕が聞いた話では脊椎のマニピュレーション(ボキッとする行為)はカイロプラクティックの根幹だからこれは教えてはならないと言われていたと思う。

だが、同じ脊椎のマニピュレーションを行うオステオパシーについては同考えているのだろうか?これもカイロプラクティックだ!と言い張るのか?

AKの中にオステオパシーの手技を使っている部分がある。ストレイン&カウンターストレインとか頭蓋療法とか…これらもカイロプラクティックだと言い張るのかな?

と言うのも、最近の解釈ではWFCは脊椎のマニピュレーションはおろか、四肢やモビリゼーションも含め全てダメでさらにはアナリシス(カイロプラクティックの診断方法)もダメだと言ってきているらしい。

これをどうやって判断するのだろうか?

こうなると、Drファーがカイロプラクティックじゃないと言っているらしいアクチベーターも教えてはならないし、中川先生のモーションパルペーションも駄目になる!

ただこれはWFCが言っている事なので、拘束力などは何もなく、さらに学位を持っていない者にはある意味制限のしようがない。せいぜい「カイロプラクティックって名前使うな!」ぐらいだろう。

JACでは、カイロプラクティックと整体とかは明確に違う!と言っている。

しかしこの業界はパクリ合戦なのも事実!かってにカイロプラクティック側がぱくっておいて「それカイロプラクティックです!」だけはナシにしておいてもらいたいものだ!。

2010年7月12日 (月)

いや~単なるマッサージ様器から一転して!

効果絶大!面白いコレ!
しばらくこれにより、いろいろ学べそう…

100712_141501

2010年7月 7日 (水)

なんでも「吸引ローリング療法」と言うらしい。

僕が考え出したのに、名前すら知らなかった「吸引ローリング療法」

まぁ名前までつけていただいてありがたい。

9月1日の第1部の演者10名もいるらしい。

どんなアイデアが出てくるか?とっても楽しみだ。

ちなみに僕は暇な時間に、面白い使い方を発見してみた。

メディセルと言われる器械の長所と短所を熟知した者しか想像しないような発想だ!

これで殴りこむか!(笑)

これを教えるとMJは打撃を受ける可能性大!そっと封印しておこう。やっぱり…。

まぁ9月ぐらいまでには、飽きているだろうし~。

2010年7月 2日 (金)

真理の扉

Gyaoで見ていた原作に忠実な、鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMISTがついに次回最終回が来てしまった。とっても深い良い作品です。あと一回!楽しみだ。

話は変わるが、昨日患者さんから電話で問い合わせてきた。

その方は息子さんの事で電話してきた。詳しくは省略するが、こういう場合お母さん自身を施術する方が良くなると思います。お電話で少しだけですがお話してそう思いました。

御本人には理解できないかもしれませんけど、我々治療家はなんか感じるものがあるんですよ~。まぁ、一方的な意見ですけどね。

またまた話は変わるが、友人の会社MJカンパニーが祭りをする。

平日だけど面白そうなので参加してみたら?

http://www.mj-company.co.jp/category/1304192.html

僕も当然行ってみようかと~、新しい発見はあるか?僕の当初の考えを超えれたか?

ぜひ!演者を質問攻めにしてみたい(笑)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31