無料ブログはココログ

skillupブログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

土日は平野先生所のセミナーでした。

内容は小児科コースで合計30時間のものでした。僕は日程の都合で1日だけ不参加。
そして6月末の土日が最終日となりました。
前前日は瀬谷先生の所での勉強会だったので、気合い入りまくりの僕は、PM6:00からのセミナーを勘違いして、朝から行ってしまい。雨降る蒸し暑い大阪を、これまたもさいおっさんが行くあてもなくさまよい、結局3時間も早く会場になる平野先生の所にお邪魔してしまいました。(年をとると思い込みに注意しましょう)
このセミナーは、先生の学ばれたモノを凝縮したもので、とっても勉強になりました。
最終日の昼は実際に子供達に来てもらい施術させてもらいました。
平野先生の「今日は子供達に教えてもらう気持ちで」と言うキーワードはなるほど~って思いましたし、出会いの場で会いそして導かれ…素晴らしい経験をしました。

100626_215601
おかげで治療の本質にまた一歩近づけたような気がし、
最近本当の意味でのストレート(カイロプラクティックじゃないけど)になったような気がします(笑)

2010年6月22日 (火)

スプーン曲げも、大切です(笑)

今月は連続で土日休日とほぼ連ちゃんになって申し訳なく思っております。

これもひとえに仕事に関しては、気になった事は解決したいという性格のためかもしれません。

日曜日は大和整体のセミナーでした。今回のセミナーもとっても良かったです。

触ることへのこだわりと、それをいかに丁寧に行うかでどれほど効果が変わるかを嫌というほど考えさせられた一日となりました。

我々は、知識は当然必要なんですが、他にも触るために必要な事も勉強しなくてはなりません。これが達人のレベルだったり、治療効果だったりを左右する大切な条件となります。

触る層や相手の感じ方も1つの要素、そして伝える方法も1つの要素、この2つが高いレベルにないとどんな効果的な方法も、所詮絵に描いた餅になります。

これからも努力精進しなくては!って思いました。

で、

土曜日は以前うちで行ったセミナーにゲストで来て下さった、夢幻先生のセミナーに参加してきました(ちょっと強行すぎましたけど(笑)

夢幻速効療法はいわば脳の意識や考え方を変えさせ、そこに定着させる手法をとる療法で、どんな痛みでもほぼ1瞬で変えてしまいます。たとえば痛みがなくなるというより、無くなった後のビジョンを想像させ、そこにアンカーをかけると言った感じですかね?

だから痛みそのものと言うより、なんで痛かったを忘れさせられるような感じの療法です。

で、この場合当然、術者も明確にイメージできた方が良いわけで、そのイメージ鍛錬の1つとしてスプーン曲げをするみたいです。

やってみたら、面白い!けっこう曲がるものですね。

100619_134901

その後、ジュースやお茶の味を変える遠隔をやっていたので、それも見よう見まねで何となくできるようになりました。(いつまでできるのかわかりませんが)

ちなみにオフィスに帰って、ステンレスの硬いスプーンにチャレンジしたら玉砕しました(笑)

2010年6月16日 (水)

たまにはまじめにカイロプラクティックの話

グリーでマイグリ?になって頂いている先生のブログに

こんなのがあった。

「イギリスでサブラクセーションが死んだ日」

サブラクセーションと言えばカイロプラクティックの背骨にアジャストメントと言う行為をするためのいわば根拠となるべきもの!

それが全否定されたとなると、日本の三浦レポートなみの問題かもしれない。

しかし、詳しくはわからないので推測だけど、このサブラクセーションは僕がよく言っている古典芸能としてのカイロプラクティックの事なのだろうか?

どちらにせよ、もしサブラクセーションがダメなのならオステオパシーのSD(ソマテックディスファンクション:体性機能障害・昔はリージョンと言っていた)もダメなのではないだろうか?

イギリスではオステオパシーもアメリカのM.D.と同等なD.O.ではないし、カイロプラクターと違いは無いだろうし~~。

エビデンスなんてほとんど存在しない医療と、根拠がないサブラクセーションにしがみついたカイロプラクティックとそんなに違いはあるんだろうか?

どんなに科学がどうのといったって、根源なる“生命”の元になる魂みたいなものも発見できては無いのに…。

命というものが見つかってない以上、おこりうる現象も否定はできないと思うけどね…。

今日来た患者さんは、医師のMRIによる診断により脊髄の圧迫が原因だと言われたらしい。でもその医師は簡単な問診とMRIを見ただけ、パーカッションテストや疑うならその根拠となるテストすらしない。

良いのかそれで?…偽医療を気取る我々の方がよっぽどまじめに患者さんと向き合っている。それが現状なんだろうなぁ…。

2010年6月 8日 (火)

最近妊婦さんが多い

ある患者さん、(兄弟で来られている)

「先生、今日病院に行ったら出来てました(笑)」って患者さんの声

この患者さんは来月から産休が終わり働かなくては行けない方だった。前回来られた時に、働きたくないからってまた子供出来たりして~って言ったら、現実になった。

そしてそのお姉さん

「先生ゲラゲラゲラ、出来とったわ(笑)」この方最近家を新築され引っ越した。僕が昔の言い伝えで床が変わると子供ができるって言うよ!って言ったら、笑ってた。前回来た時には「先生、あんなこと言ってたけど出来りゃ~せんが!」って言ってた。僕がいやもう出来とるかもしれんよ!って笑って言ってたら、本当になった。

兄弟そろっておめでとうございます(笑)

最近はホント妊婦さんが多い!

臨月の方も何人か来られている。腰が痛い、浮腫みがつらい、等訴えは様々だが

毎月大阪に行っている勉強会もこの辺りをテーマにしているので、自信があるからだろうか?

妊婦さん!!も、安心です!お待ちしてます!

2010年6月 3日 (木)

引越しがノビノビ…。

引越しがのびにのびている。2か月先になった。

下の住人が期限を延ばしたためだ。

今日下に降りたら、扉の会社名を変えているようにみえた。

本当に出て行くのかな?なんか心配になってきたぞ!

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31