無料ブログはココログ

skillupブログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月25日 (水)

日本の終わりと、必ず勝つ奴!

知り合いのマード●ク大学の学生から衝撃のメールを頂いた。
本校との契約が来年で切られる事になり、3期生までは今まで通りカリキュラムは卒業まで続くが4期生は来月の入学も切られたと言う。
独立して行うにも頼みの綱のアクデリテーションは卒業生を出していない以上日本校では取れない。
1年ほど前T○Cもオーストラリアのお国事情で、RM●Tの冠が外れてしまった。この時何でマード●クだけ大丈夫なのか不思議だったが、単純に州が違ったので時差が生まれただけなのだろうか??

正直これで日本にはカイロプラクティックの大学は存在しなくなる。ただ唯一の学生が減って困っていた、T○Cはここでまたアクリデテーションを持つ唯一の専門学校としてトップに返り咲く。最後は竹様の一人勝ちに終わるのか…。こうなると、マード●クに移った、あの先生はどうなるのだろうか?と気にかかる。

さらに、マード●クの経営者がJA●のシンポジウムでTC○側に手を組まないかと言ってきたとかって話まででてきた。

そしてもう1つ!村上整体専門医学院がなんとカイロプラクティック試験機構の財団法人を作ったという話まで入ってきた。

おお~~日本のカイロプラクティック業界は何処へ行く~

2009年11月23日 (月)

良いセミナーでした。

今回のセミナーは凄かった!ホントに!僕好みの良いセミナーでした。
浦田先生ありがとうございました。
あの大きな部屋で、ピンマイクも使わず、休憩も殆ど取らず、カンペもなくてあれだけ次から次へ言葉が出てくるなんて凄いとしか言えませんでした。
そして、検査法も気に入りました。今までやってた膜の評価より正直ハッキリしている。そしてなにより患者さんがよく解る!これってホント大切ですよね。
そして結果も~~。いや~~!良かった!!

2009年11月17日 (火)

久しぶりのJOPA!

殆ど1年ぶりにJOPAのセミナーに参加してきました。
初めてのららぱっとはうすのセミナールームでの講義!とっても楽しかったです。久しぶりの仲間に会えたそんな感じでしたし、そして勉強になりました。コンタクトがいいがげんになってたり、感覚等いろんな事が修正できました。
これで、さらに効果が上がるでしょう。
091115_183801_2
セミナー後、講師や仲の良い先生方と三宮の焼鳥屋へ、とっても楽しい時間を過ごさせてもらいました。やっぱりまた参加しなくちゃね~って思った1日でした。091115_183802

2009年11月 9日 (月)

昨日の話し

昨日、来年skillupで開催予定の、BRM療法の開発者の吉田先生とお会いした。
丁度倉敷でセミナーを開催していて帰宅途中の乗り継ぎ時にお時間を作っていただいた。
この療法はとても簡単だが相当効果があるため、最近では月刊手技療法の12月号、はつらつ元気9月号等にも紹介されている。
駅の中の喫茶店で約1時間ほどではあるが色々お話しさせていただいた。

この療法はオステオパシー等の療法ををご存じない方などは、気功?って思うかも知れない。それほどソフトな療法だ。ただし、オステオパシー的な手法ではあるが、開発者自身がオステオパシーを知らないこと、そしてバランス点的な手法を取らないこと等で僕はオステオパシーでは無いと断言する。
そして運動器の疾患だけでなく、自閉症や脳神経がらみの症状にも効果があるという。

吉田先生の臨床から生まれた療法で、あくまで効果を第一に謳っているところが実に我々には喜ばしい!

とりあえず来年4月頃から3回ほど、そして再来年2回の計5回を予定している。
今から楽しみの1つである。

2009年11月 6日 (金)

カイロプラクティック業界のうわさ話!

ますます面白くなってきた。カイロプラクティックの業界!
ここに来てまたいくつかの動きがあった。

1.アニマルカイロプラクティックは誰の手に!
カイロプラクティックにアニマル対象のモノがある。
これは正規にはアメリカで学位としてある。オーストラリアのRMITでもマスターコースとして有ったはずである。たしか…。

僕の尊敬するD.C.の1人が唯一この学位を持っていた。
そこにマードッ○大学の世話人!川○D.C.が声をかけて来たそうだ。
マードッ○で教えて欲しい!協会を作ろうと…。彼は断ったそうだ。
するとマードッ○大学には比較筋骨格系解剖学ってのがある。日本校にもある。そこの獣医師が渡米してこの資格を取ってきた。どうやらこれでマードッ○大学で、アニマルカイロプラクティックの講習がスタートするだろう。そして協会を設立するようだ。

これを良く思わない!団体がある。塩○先生のグループだ!早々に岐阜の獣医の教授と組んでセミナーをやると告知!さらにDVDも発売するらしい!

前者にアニマルカイロプラクティックがわたった場合!カイロプラクティックの国際基準を持っていなかったり、獣医師で無い者は参加できないだろう。

後者なら、ビジネス好きな塩○先生のこと誰でもOKとなる。さあ、どうなるだろうか…。

2.TC○(旧RM○T)がRM○Tの看板を下ろして今年から本格始動している。
大学で無くなる事でおこる打撃は恐れていたとおり、学生は約半分に!当然学校として縮小する羽目になる。(これでアクレデテーションを維持できるのか?不安である)そしてさらに起こっては行けないことが起こった。講師の放出である。よりによってRMITの核になる様な大切な先生を…。すると流石マードッ○!この先生を拾う。(マードッ○には願ったりだろう!)
12月からこの先生はマードッ○で講師をするらしい。
でも、ここの世話人の川○D.C.!以前は、「人を教えるのはそれ相応の資格がいる!」って宣ってたのに…??まぁ伊○D.C.だって他のD.C.だって当然持ってないだろうし~良いのだろう。最近は言わなくなったし…(笑)
これで、TC○はますますやばくなっただろう!
しかし、KC○の桑○氏と切れたと言うマードッ○が毎年8名程度しか新入生が入らないにも関わらず、なぜ倍以上はいるTC○よりお金を出せるのか?立地場所のせいなのか?やはりマットの代金が回って入っているのか?謎である!!


3.カイロプラクターによる統合医療推進委員会等が出来る。
これにより統合医療が民主党の力で押し進められるとカイロプラクティックにとって素晴らしい第1歩が起こるだろう。
ただし!これはD.C.を中心としたものだ。
微妙なCSC!それ以下は切り捨てられる覚悟が必用だろう。

以上receptorが独断で喋ってます。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31